2016年2月12日金曜日

PROTOTYPE DRAGON 組み立て説明 01


ワンダーフェスティバル2016wに参加して来ました。
梨の木屋に寄って下さった方、プロトタイプドラゴンを購入して下さった方有り難うございました。

プロトタイプドラゴンの組み立て説明を何回かに分けて行って行きますが、基本的な作業はブルードラゴンの時と同じなのでゲートの処理や補強、ベースの加工等重ならない所を中心に進めて行きます。

制作にあたって準備して頂く物
今回は物が大きいため、これに見合った支柱と飾り台をセットする事が出来ませんでしたのでホームセンター等で調達して下さい。
5mm径の真鍮かステンレスのパイプ(銅やアルミだと柔らか過ぎて曲がってしまいます)
飾り台は倒れないだろうと思える大きさの物なら何でもいいと思いますが、
3cm以上の厚さがあると安心です。

写真ではM4ボルトの頭を切り落とした物を本体側に固定してパイプにさす構造にしていますが、
直接パイプを差し込む場合は用意しなくても大丈夫です。

箱を開けたらパーツリストを見ながら全て揃っているか確認して下さい。
足りないパーツ、極端に状態が悪いパーツがありましたらお手数ですがメールにて連絡を御願いします。





上の写真が注型したままの常態です。
湯口になっている部分が不要な部分になるのでそこを削って組み立てて行きます。
パーツごとの写真を次回載せます。

0 件のコメント:

コメントを投稿