2018年2月25日日曜日

Guardian Dragon 組み立て説明 01

ワンダーフェスティバル2018冬に参加して来ました。
梨の木屋にてガレージキットを購入して頂いた方、声を掛けてくださった方、有難うござ
いました。


今回新規で販売した ガーディアンドラゴン の組み立て説明をしていきますが、ブルードラゴンやプロトタイプドラゴンの組み立てと被る部分もあるため、過去のエントリーにも目を通しておいて下さい。

今回複製分から注型時に離型剤を使用しているため、マジックリンやパーツクリーナーに漬け込んで離型剤を落としてから組み立て作業に入って下さい。


箱を開けたらパーツリストに沿って全てのパーツが揃っていることを確認して下さい。
次に写真を見ながらパーツの不要部分をカッターナイフやヤスリ等を使って削り取って下さい。


本体との接続部分は湯口とダボの境目の段差を目安に
不要部分を削ってください。
尾に付いているプレートは注型時に気泡を抜くための
バリがあるのでカッターナイフ等で削ってください。
ダボを1mm位残して削ります。

ここも湯口を1mm位残して削り、気泡抜きのバリも削ります。

気泡抜きのバリです。下の写真の形状に削ります。




Guardian Dragon 組み立て説明 02に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿